Sogodoboku Kenkyujyo

見本誌2019年05月号

Category
Last Updated Date
2019/04/23 15:25:00
Total Pages
10p
Book Instructions
【編集趣旨】
 東名高速道路(以下「東名」)は1969年5月26日に
大井松田~御殿場間26㎞が開通し,東京から小牧までの
347㎞が全線開通した。東名の事業費は約3,400億円で,
そのうち約3割は世界銀行からの融資で建設された。東名が
通過する1都3県(42市町)は,日本の人口の約3割が居住し,
国内総生産の約3割を占めるなど,経済活動の多くを担っている。
また,東名の一日の交通量は約41万台(2017年)と全国でも
有数の重交通路線となっている。
 一方,東名の慢性的な渋滞対策および災害時のリダンダンシー
の確保などを期待して新東名高速道路の建設がすすめられている。
2012年には静岡県で初の開通を迎え,2016年に愛知県でも
開通し,現在は最後の御殿場JCTから伊勢原JCTまでの区間が
工事の最盛期を迎えつつある。
 本特集号では,全通から50年を迎えた東名が多の困難を乗り
越え,今日まで果たした社会的・技術的な役割について改めて振り
返るとともに,現在展開されているリニューアル工事および新東名
建設区間における工事事例について紹介する。

特集:東名全通50年~ダブルネットワークの完成へ~
総括編集  横田 聖哉 委員

グラビア 東名高速道路全線開通50周年~ダブルネットワークの完成へ~
巻頭言 東名高速道路の全通50周年にあたって・・・源島 良一
総 説 東名高速道路が果たしてきた役割・・・松井 保幸
各 論 東名高速道路のリニューアルプロジェクト・・・湯川 保之
各 論 新東名高速道路厚木南IC~御殿場JCTの建設概要・・・前川 利聡
各 論 東名高速道路の土工技術・・・三嶋 信雄
各 論 東名高速道路ののり面技術・・・奥園 誠之
各 論 東名高速道路の軟弱地盤技術・・・栗原 則夫
各 論 東名から新東名高速道路の橋梁技術・・・長田 光司
報 文 日本坂トンネル火災事故とその後の対応・・・山﨑 哲也
報 文 駿河湾地震による牧之原地区盛土崩壊・・・岩吹 啓史
報 文 東名本宿地区旧タイプアンカーの健全性評価とその対応・・・山崎 充・中井 義政
報 文 供用50年を迎えた切土のり面の風化の実態と安定度評価・・・永田 政司・藤原 優・菊本 統
報 文 東名・新東名高速道路におけるスマートICの整備状況・・・松枝 真吾
報 文 東名高速道路日本平久能山スマートインターチェンジの施工状況・・・桐ヶ谷 大
報 文 東名高速道路鮎沢地区土石流災害対策・・・中島 康介・中島 賢治・坪井 俊吾・池田 達哉
報 文 横浜環状北西線東名高速道路接続部における橋脚基礎の設計・施工・・・前川 敦
報 文 大和トンネル拡幅工事・・・中 俊喜
報 文 由比海岸越波対策・・・坂田 明義・野口 哲史
報 文 新東名高速道路伊勢原JCT工事・・・横山 泰之
報 文 地下水保全を考慮した新東名高速道路羽根トンネル施工・・・山邉 恵太
報 文 新東名高速道路秦野インターチェンジにおける関東ロームを用いた盛土の設計・施工・・・西田 匡志
報 文 新東名高速道路河内川橋(仮称)の基礎構造における合理化施工・・・萩原 直樹
報 文 新東名高速道路川西工事-砕石場跡地での高盛土工事-・・・唐澤 剛
報 文 特殊地山(スコリア)での土工・トンネル工事・・・丸山 大輔
報 文 新東名高速道路御殿場ジャンクションの溶岩層でのケーシングロック対策・・・山田 浩之
報 文 新東名切土のり面の動態観測によるリスク管理・・・渡邊 哲也
報 文 新東名高速道路高盛土・大規模盛土への挑戦・・・中村 洋丈
連載企画 けんせつ小町便り 第41回・・・高畠智佳子
TOPIC LP―LiC,LP―SoC工法ワークショップ開催/木材活用地盤対策研究会
読者アンケート

Read Book

 For PC